高校生が自宅でムダ毛処理する方法

高校生が自宅でムダ毛を処理する際には、いくつかの方法があります。

それぞれにメリット、デメリットがありますが、いずれにしても正しい方法で行うことが最も大切です。

まずカミソリです。

このメリットとしては、カミソリは比較的安価で、しかもどこでも入手することができると言う点が挙げられます。

また剃ると言う行為には、それほど高い技術が求められないのもメリットです。

ですが扱い方を間違うと肌を傷つけてしまう恐れがある、剃った後のムダ毛の断面がどうしても目立ちやすいと言うのは、カミソリのデメリットです。

カミソリを使用した処理方法としては、処理するムダ毛部分にクリームやボディソープを泡立てたものを塗った上で処理すること、また処理後には化粧水などでケアをすることが挙げられます。

シェーバー

これは電動であることが多いため、とにかく楽に処理ができる、肌に対しての負担が少ないと言うのがメリットと言えます。

ただし高校生が購入するには、少し値段が高いと言う点、また絡まってしまうので長いムダ毛は処理し辛いと言うのはデメリットです。

シェーバーを使用する場合は、必ずしも処理する部分を水で濡らさなければならない、あるいはその部位にクリームを塗らなければならないわけではありません。

電源を入れ、気になる部分に押し当てるだけで勝手に処理が行われます。

ただし処理後は、カミソリ同様、化粧水などできちんとケアをした方が良いです。

脱毛クリーム

脱毛と聞くと、ムダ毛の根元が抜かれるような作用があるクリームと思われる方もいるかもしれません。

しかし実際には、脱毛クリームとは、その中に含まれている成分によって、ムダ毛の表面を溶かしていくと言う作用を持ったクリームのことです。

塗って待つだけで良い、毛の表面を溶かす作用によって処理後、チクチクしたりしない、ムダ毛の断面が目立ちにくいと言うのがメリットです。

ただあくまで毛の表面を溶かしているだけなので、永続性は期待できません。

また成分が肌に合わなかった場合、肌トラブルが起きてしまう可能性があること、そしてその成分ゆえに、目の周りやデリケートゾーンなどには使用することができないと言う点がデメリットとしては挙げられます。

脱毛ワックス

脱毛クリームに対して、脱毛ワックスは文字通り、ムダ毛の毛根を抜く作用がある処理方法です。

脱毛用のワックスをムダ毛が気になる部位に塗り、ムダ毛とワックスを接着させます。

そしてそのワックスを剥がすことで、ムダ毛を毛根ごと引き抜くと言う処理方法です。

毛根から引き抜くので、他の処理方法に比べても格段に高い脱毛効果が期待できると言うのが脱毛ワックスのメリットです。

しかしワックスが肌に合わない可能性がある、一気にムダ毛の毛根を引き抜くのでそれなりの痛みがあると言う点はデメリットです。

また人によっては、その際の強い刺激が炎症やかぶれを引き起こしたり、黒ずみ、埋没毛が発生することもあります。

ですから使用後には、きちんとその刺激を軽減させるようなケアをとることが重要です。

脱毛器

この脱毛ワックスの作用を器械に取り入れたのが、脱毛器です

器械ですから、脱毛ワックスのような痛みを感じることも少ない、しかも成分云々と言った心配を抱く必要もない、その上、高い脱毛効果を期待することができると言うのが、脱毛器のメリットです。

ですからやはり、価格が高いこと、またレーザーやフラッシュの力を利用するので、それらの刺激を避けることはできないと言うのはデメリットとして挙げられます。

高校生の場合、肌はまだまだ未熟な状態にあることから、自分に合わない処理方法を行うと、そのダメージが後々にまで残ることが懸念されます。

ですから効果の高さだけではなく、デメリットも踏まえた上で選択することが大切です。